オロパタジン:アレロック

Od オロパタジン Od オロパタジン

✇ このため、第1世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどみられません。 ギ酸に極めて溶けやすく、水にやや溶けにくく、エタノール(99. 禁忌 【禁忌】 次の患者には投与しないこと• 5mg「明治」及びオロパタジン塩酸塩OD錠5mg「明治」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

1

オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「サワイ」(アレロックOD錠5のジェネリック医薬品)|沢井製薬

Od オロパタジン Od オロパタジン

👋 ] 授乳中の女性に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。

6

オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「杏林」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

Od オロパタジン Od オロパタジン

🖐 頭痛 、 頭重感 、 眩暈 、 しびれ感 、 集中力低下 、 不随意運動 、 顔面不随意運動 、 四肢不随意運動 、 腹部不快感 、 腹痛 、 下痢 、 嘔気 、 便秘 、 口内炎 、 口角炎 、 舌痛 、 胸やけ 、 食欲亢進 、 嘔吐 、 肝機能異常 、 総ビリルビン上昇 、 白血球増多 、 白血球減少 、 好酸球増多 、 リンパ球減少 、 血小板減少 、 尿潜血 、 BUN上昇 、 尿蛋白陽性 、 血中クレアチニン上昇 、 排尿困難 、 頻尿 、 動悸 、 血圧上昇 、 血清コレステロール上昇 、 尿糖陽性 、 胸部不快感 、 味覚異常 、 体重増加 、 ほてり 、 月経異常 、 筋肉痛 、 関節痛• なお、年齢、症状により適宜増減する• 授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験 ラット で乳汁中への移行及び出生仔体重増加抑制が報告されている]。 高齢者。

FELDSENF PHARMA

Od オロパタジン Od オロパタジン

❤ (慎重投与) 1.腎機能低下患者[高い血中濃度が持続する恐れがある]。 アレルギー性鼻炎• 効能 【成人】• 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

12

オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「日医工」

Od オロパタジン Od オロパタジン

👎 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• また、脂溶性が低く脳に入りにくいので、眠気の副作用もやや軽減されています。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

14

オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「明治」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

Od オロパタジン Od オロパタジン

👆 2.授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で乳汁中への移行及び出生仔体重増加抑制が報告されている]。 ・眠気は少しありますが、作用の出始めるまでの時間が短いから。

6

FELDSENF PHARMA

Od オロパタジン Od オロパタジン

☣ アトピー性皮膚炎に対しては、かゆみの軽減効果を期待して処方されることがあります。

11

オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「トーワ」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

Od オロパタジン Od オロパタジン

☣ クレームがついたことはありません。 本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意すること。

11

医療用医薬品 : オロパタジン塩酸塩 (オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「イワキ」 他)

Od オロパタジン Od オロパタジン

🙌 1).過敏症:(頻度不明)紅斑等の発疹、浮腫(顔面浮腫・四肢浮腫等)、そう痒、呼吸困難[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 腎機能低下患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。

6