亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

🤐 年月と経験は知恵になる。 2021-03-01 19:39:33• ・負うた子に教えられて浅瀬を渡る 熟達したものであっても、時には自分よりも経験の浅い者に物事を教わることもあるということ。

5

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を解説!

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

🤗 松傘より年嵩(としかさ):年長の者は経験が豊富で、判断が的確なこと• 2021-03-01 19:34:01• また、「こう」に「効」という漢字は使いません。 「麒麟(きりん)」という漢字もありますが、これは古代中国に伝わる想像上の動物のことで、このことわざには使いません。

11

「亀の甲より年の功の」の意味や由来。失礼な使い方にならないためには?

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

🤐 本来は、「亀の甲より年の劫」と書く。 「劫」というのはきわめて長い時間をあらわしています。

2

ことわざ「亀の甲より年の功」の意味と使い方:例文付き

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

😄 「永劫」という熟語に使われているといえばピンと来るでしょう。

7

年の功 (としのこう)とは【ピクシブ百科事典】

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

😔 「未来永劫 みらいえいごう 」といった言葉にも使われています。 (老いと経験は賢明さを教える) 【例文】 「世代や価値観が違うからと言って、親の言うことを否定ばかりしてはいけないよ。

亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

👋 歳を取れば取るほど賢くなる• 誤用例 「亀の甲より年の功というもので、数年前までは楽にできた登山も今は足が痛くて登れないよ」 【類義】 烏賊の甲より年の功/医者と坊主は年寄りがよい/医者と味噌は古いほどよい//馬に道をまかす//蟹の甲より年の功/経験は学問にまさる//松笠よりも年嵩/無駄に鳥居の数をくぐらぬ/ 【対義】 【英語】 Age and experience teach wisdom. そして、亀は万年も生きると言われており、長生きする動物として有名です。 「亀の甲より年の功」の反対の意味を持つことわざ ・麒麟(きりん)も老いては駑馬(どば)に劣る どんなに優れた人でも、年を取ると働きがにぶくなり、普通の人にも及ばなくなること。

6

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を解説!

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

🤪 前漢の劉向(りゅうきょう)が編纂した『戦国策』のうち、『斉策』の一節「麒麟之衰也、駑馬先之(騏驥の衰うるや、駑馬これに先だつ)」に由来します。 医者と味噌は古いほどよい :年月を経た古いものは貴重であり、経験が豊富なものは有用であるということ などがあげられます。

7

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

☣ 「亀の甲より年の功」の失礼な使い方 年配の人が何かを成し遂げたときに自分で「まぁ~年の功だからね!」と言ったとします。 やはり 亀の甲より年の功だ。

13