メタニウムDCとジリオンSVTWの率直な比較インプレ

Dc メタニウム Dc メタニウム

😂 例えば、5gテキサス+3〜4インチワーム という組み合わせのルアーをピッチングしていくと、親指をリリースした直後に、ワンテンポ遅れてスプールが立ち上がるような印象が見られる。 どんな人でも扱いやすいサイズ。 ベアリング 740サイズ• オカドバ管理人でした。

5

メタニウムdcを素直にインプレ 飛距離と使い心地は?

Dc メタニウム Dc メタニウム

😆 ブレーキを強くしたら単純に強くなる、ブレーキを弱くしたら単純に弱くなる、という味付けではないというのがこのDCブレーキ。 最新のデジタルコントロールブレーキである 「I-DC5」と言うブレーキシステムを搭載し、従来のモノがどちらかと言えばトラブル回避、バックラッシュをしないという方向のセッティングだったのに対し、2017年のモデルチェンジによって搭載されたI-DC5と言うブレーキシステムは 飛距離も重視されるようになりました。

8

メタニウムDC[Metanium DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ

Dc メタニウム Dc メタニウム

🤫 メタニウムDCのブレーキ:内部「F」、外部「2」です。 62,424 DCコントロールユニット DCブレーキユニットは、I-DC4を搭載。 何度も言いますが、 「便利であればメーカーを問わない派」です。

6

中古の’08メタマグDCと’17スコーピオンDCがガチライバル。スペック比較。

Dc メタニウム Dc メタニウム

😩 NEW「メタニウムDC」はバックラッシュを防ぎ、キャスタビリティが妨げられることもなく、置かれた環境下でベストと思われる飛距離を叩き出します。 マイクロモジュールギア、X-SHIP、S3Dスプールといった先進の機構をまとい、ベイトリールの可能性を追求してきた「メタニウムシリーズ」に、新開発のI-DC5を搭載した「NEWメタニウムDC」が加わりました。

メタニウムDCとジリオンSVTWの率直な比較インプレ

Dc メタニウム Dc メタニウム

👎 I-DC5は3モードの内部ダイヤルに加え、ルアーウエイトに応じて4段階のセミオート&1段階のオートを外部ダイヤルでセレクトすることにより、簡単にブレーキセッティングを行えます。 もっとテクニカルに、もっとオールラウンドに。 とにかく安定感がハンパじゃない。

最新機能てんこもり! 『シマノNEWメタニウム』をベテランライターが徹底レビュー!

Dc メタニウム Dc メタニウム

🤣 確認してみると、メタニウムに搭載されるギアはバンタムと同じ仕様のマイクロモジュールギア。

15

最新機能てんこもり! 『シマノNEWメタニウム』をベテランライターが徹底レビュー!

Dc メタニウム Dc メタニウム

🤛 よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。 シマノ『メタニウムDC』のココが 残念; ピッチングのレスポンスが少し鈍い 先ほどもお伝えしたが、メタニウムDCを使って打ち物を続けていて気になったのが、軽量ルアーを使った際の ピッチングの弾道と伸び具合。 マイクロモジュールギアとは、ギアの歯を可能な限り小さく、かつ多く組み合わせることにより、強度を低下させることなく滑らかな動力伝達を実現することにより究極の巻き心地を実現しました。

中古の’08メタマグDCと’17スコーピオンDCがガチライバル。スペック比較。

Dc メタニウム Dc メタニウム

☏ 気持ちHGの方が巻き取り感が重くなったかなという感じです。

13