【艦これ・伊良湖SS】提督「甘やかされた結果」

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

☢ 俺は大丈夫だから泣き止めよな」 P「智絵里も許してやってくれ。 あんま重い話とか聞きたくないしな」 多摩「いつかは言おうと思ってたけどまだ言えてない隠し事、とか」 大淀「あー、それいいですね。 口上ではお願いなどと言っているが、彼女たちのしていることは、ただの強迫でしかない。

9

艦これ 男の提督は嫌われる!?

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

🙃 21 ID:FJkld2Nu0 提督「長門。 もうこの仕事を続ける自信がなくて……」 P「二人の事は他のプロデューサーに面倒を見てもらう事にしたよ……」 P「担当しているアイドルに嫌われてる事に気づかないなんて……プロデューサー失格だな……」 まゆ「嫌われ……え……?」 智絵里「……………………」 智絵里「嘘ですよね……プロデューサーさんは私をトップアイドルにしてくれるって言ってくれました……。

艦これ 男の提督は嫌われる!?

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

😩 あと納豆臭い」 榛名「良いなぁ・・・」 鈴谷「・・・・・・」 金剛「提督ぅー、一緒にお昼寝するネ!」ギュ 提督「おいおい、まだ午後の2時だぞ?」 榛名「提督、少しくらい休みましょう?」ギュ 提督「榛名まで・・・」 鈴谷「」イライラ 鈴谷「ちょっと提督。 現に、半年前までは皆親しく接してきてたではないか! どうか、皆もそのことを思い出してくれ!」 どうにか皆に分かってもらおうと、提督は必死に弁論するが、それも加賀の言葉で無慈悲に打ち切られた。 プロデューサーさんは私の事が嫌いになったんですかっ!?」 まゆ「プロデューサーさん……まゆの事はもう嫌いなのですか?駄目な所は治しますので……まゆを……まゆを見捨てないで下さいっ!」 P「え?俺の事を嫌いになったんじゃないの?」 まゆ「え?」 智絵里「へ?」 …………………… ……………… ………… …… P「つまり……俺のパソコンを勝手に見て、たまたま開いてたツンデレに関するページの内容を……俺がツンデレ好きだから見ていたと勘違いしていたわけだな?」 まゆ「ごめんなさい……」グスッ 智絵里「ご、ごめんなさい……」 P「うおおおおおおおお……良かった……本当に良かった。

ヤンこれ、まとめました

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

⚠ それは、自ら艦娘たちに嫌われ自信を失ったという形で提督をやめようというものであった。 特に、一番新しく着任した彼は今までの提督より特に勤勉に仕事に励み、彼女たちのことをまめに気を配るその姿勢は、艦娘はもちろん軍からも一目置かれるほどであった。 あまりに衝撃的な映像に男が夢中になっていると、不意にニュースキャスターの声が聞こえる。

【艦これ・伊良湖SS】提督「甘やかされた結果」

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

🙃 さっさと飲まないと提督にぶっかける事になるよー」 龍田「!? ……ごくん」 川内「あ、飲んだ飲んだ……ていっ」 龍田「げほっ!?」 提督「飲んでも突くのかよ」 川内「一応」 龍田「ごほっ……」 提督「大丈夫か?」 龍田「うぅ、飲んじゃったわ~」 提督「じゃあ龍田ー」 龍田「はい?」 提督「こっち向いて……そそそ。 そんな提案を受ければ、今までの計画がすべて台無しになってしまうからだ。 「炎天下の中、重い荷物を背負って歩くお婆さんを助けていたから遅れました」、こんなものは通じないだろう。

12

【艦これSS】失って気付いた大切な人(side darkness):艦隊コラテラル ブロマガ解説

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

☢ 」 離島棲鬼は、本人よりも祥鳳の事を知っていた ショウホヲ「どうして、敵だった私に教えてくれるの?」 離島棲鬼「言ったはずですよ。 提督は私達が先に朝食に誘ったのですから」 「あー… すまんが今回は赤城と加賀の方が先なんだ、悪いな金剛。

14

【艦これSS】失って気付いた大切な人(side darkness):艦隊コラテラル ブロマガ解説

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

😆 」 私から、あなたに新たな名前を授けましょう。 こうして皆の方から迎えに来てくれて、俺も嬉しいよ」 彼女たちが慕う提督を演じ、この場をしのぎ切る事だった。

11

【龍田SS】伊19「提督に嫌われて悲しいの……」【艦これ・電】

嫌われ 艦これ ss 嫌われ 艦これ ss

🤲 早く!」 提督『榛名・・・祥鳳ヲ楽ニサセテヤッテクレ・・・』 榛名は唇を噛みしめ、覚悟をきめた 榛名『ッ・・・主砲・・・砲撃開始!』 榛名の砲撃は、ショウホヲに直撃した 大きな爆発の中、ショウホヲは崩れ落ちる様に倒れ、そのまま海の中へと沈んでいった 深く. 何か理由があったのではないでしょうか?」 「あ、ああ。