大阪大学教授 中野 貴志 (なかの たかし) さん

貴志 中野 貴志 中野

👏 実効再生産数を1. ご指導・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 者の大学院工学研究科教授は、西浦作成のグラフを引用し、西浦・尾身らによる「GW空けの緊急事態延長」支持は「大罪」であると主張した。 下記は醍醐聡氏のツイートに見られる悪例だ。

14

新型コロナウイルスの感染状況を予測する新たな手法を、中野貴志・大阪大教授(原子核物理)と池田陽一・九州大准教授(理論核物理)が考案

貴志 中野 貴志 中野

🤭 5に張り付いているように見える.これは1週間で倍増のペースであるが,収束に持ち込んだ中国・武漢発の第1波と欧米由来の第2波を分離しなかったことに起因する人為的なみかけの現象である. 図4 3月の大阪における武漢発第1波による K値の推移. 5. 感染したことがある人と現在感染している人を足し合わせた総数を意味するものとする。 その結果、宣言が5月末まで漫然と延びることは避けられました」 その時点で、数々の疑いが、知事の心中に噴出していたようなのだ。 「このように収束するはず」という予測から大きく上にずれていて「中野モデルはがせだね」って明らかだと思いますけれど、今更はずせないのね。

7

新型コロナウイルスの感染状況を予測する新たな手法を、中野貴志・大阪大教授(原子核物理)と池田陽一・九州大准教授(理論核物理)が考案

貴志 中野 貴志 中野

👍 つまり、K値モデルがいいとか悪いとかという問題の前に、今公表されている統計データをまともに分析して意味があるのかどうか、という問題に直面しなくてならないのだ。 モデルはあくまでも仮説だから、現実の結果によって修正していくものではあるが、の場合、仮説に過ぎないモデルを選択する際に、行政が自らにとって好都合なモデルを選択したのではないかとの疑念は拭えない。

5

中野貴志

貴志 中野 貴志 中野

☺ 同日夜、は、緊急事態宣言発出後の記者会見で「専門家の試算では、私たち全員が努力を重ね、人と人との機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができます」と発言した。 マスクをしていない場合は小声で下を向いて話すなど、できるだけ飛沫が飛ばないように気をつけて飲み食いすればいい。 また、西浦らはを「2. 82 75 60 54 49 44 44 35 33 32 31 27 27 26 25 24 23 21 21 20 20 19 19 19 17 16 16 15 15 14 14 13 12 11 10 10 9 9 8 8 8 8 7 7 7 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1. 0625倍 の新規感染者数を許容することになって、大変なことになると思うのですが。

8

KAKEN — 研究者をさがす

貴志 中野 貴志 中野

😋 などしてくださる(/)。

9

吉村洋文が中野貴志の「K値」に飛びついて破綻するまでの経緯を振り返る

貴志 中野 貴志 中野

⚛ さらに、国の緊急事態宣言が出た後は、都市も地方も含めて皆さんが協力的にを削減してくれた成果もはっきり出ました」と振り返った。