疾走する金剛力士、ブラバス800ワイドスター

800 ブラバス 800 ブラバス

🚀 ヘッドレストの刺繍などは、タービンと同じく本国での加工を経たものだという。 ワイドボディを構築するボディパーツも多岐にわたる。 ブースト制御を含むECUのマッピング変更は、PowerXtraキットに含まれるサブコンで行っています。

3

日本仕様のAMG G63を800psに!「ブラバス 800 ワイドスター G63」を公開【東京オートサロン2020】

800 ブラバス 800 ブラバス

⚠ 0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、アルミ製のパドル付き9速オートマチックが組み合わせられ、最高出力588kW(800hp)、最大トルク1000Nmという圧倒的なパフォーマンスを実現。

1

世界最速のピックアップ、AMG G 63ベースの「ブラバス 800 アドベンチャー XLP」がデビュー

800 ブラバス 800 ブラバス

😈 1970年代、ドイツのボード・ブッシュマン(Bodo Buschmann )は自分の車をカスタマイズしたいと考え始めたが、既存のカスタマイザが彼の思考や要件を満たすことができなかったことで、彼自身のブランドを開始することに決めた。

世界最速のピックアップ、AMG G 63ベースの「ブラバス 800 アドベンチャー XLP」がデビュー(GENROQ Web)

800 ブラバス 800 ブラバス

☘ 見た目のインパクトも通常のAMGモデル以上ですが、パフォーマンスもAMGモデルを遥かに凌ぐモデルとなっております。

日本仕様のAMG G63を800psに!「ブラバス 800 ワイドスター G63」を公開【東京オートサロン2020】

800 ブラバス 800 ブラバス

⌛ スペアタイヤカバーを一つとってもカーボン製にしてしまう。 ピックアップ仕様への変更のためホイールベースを50cm拡大 ブラバスはこれまでもゲレンデヴァーゲンやGクラスをベースに様々なコンプリートカーやチューニングプログラムを展開してきた。

13

日本仕様のAMG G63を800psに!「ブラバス 800 ワイドスター G63」を公開【東京オートサロン2020】(GENROQ Web)

800 ブラバス 800 ブラバス

✆ 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。 フロントは21インチ、リアは22インチです。 「ブラバス・ステンレス製スポーツエキゾーストシステム」は、パフォーマンスを最適化するだけでなく、制御された排気フラップを採用。

12