ディエゴ・マラドーナ 二つの顔 : 映画評論・批評

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

⚑ 1979年6月2日、との親善試合で代表初ゴールを決めた。 本作はマラドーナが現役の選手だった1970~1990年代の映像に、本人やチームメイトの証言を交えて展開する。 そのうち16試合でキャプテンを務めており、これはFIFAワールドカップにおける最多記録である。

17

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔 : 映画評論・批評

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

😂 1984-85シーズン、1984年8月22日の、戦でゴールを決めるデビューを飾り 、9月22日、第2節の戦でPKからセリエA初ゴールを決め 、2月24日の戦では移籍後初のハットトリックを達成した。

15

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

🤙 、ブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。 バーンズ1997、320頁• 『技術力 サッカー 世界のスタープレーヤー』、出版芸術社、2005年、84頁• 準々決勝の戦で見せた「」ゴールと「」ドリブルは彼を象徴するプレーとして後世に語り継がれている。

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』オフィシャルサイト

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

😃 【ストーリー】 1984年、世界的な人気を誇るアルゼンチン出身のサッカー選手ディエゴ・マラドーナは、熱狂的な観客が集うイタリア南部の弱小クラブSSCナポリに移籍する。 クリストファー・ヒルトン、イアン・コール『南米サッカーのすべて』、野間けい子訳、DAI-X出版、2002年、304頁• ルーカ・カイオーリ『メッシ -169センチの本気』、井上知訳、東邦出版、2010年、125-126頁• 特筆すべきは、マラドーナの知られざる一面に迫るその内容だ。

15

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

🍀 後からインタビューした音声を、過去の映像にかぶせる形で使っています。 アルクッチ曰く、「『神の手ゴール』と『5人抜きゴール』を見れば、愛される理由も、嫌われる理由も分かる」。

各界著名人が映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』を大絶賛…SNSでも高評価続出で初日満足度ランキング3位に!

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

📞 バーンズ1997、166-167頁• 21歳のマラドーナは10番を付けて出場し、第1ラウンド2戦目の戦でワールドカップ初ゴールを含む2得点を挙げた。

10

マラドーナ「まさに人生最高の瞬間だった」…映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』の貴重な本編映像を一部解禁

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

✇ 初采配から24戦を指揮して18勝6敗の成績を残し、引き分けは1試合もなかった。 誰も見たことない貴重な秘蔵映像とともに、波瀾万丈な人生が明かされる映画「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」が2月5日(金)より公開。 映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』が、2月5日(金)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン他にてロードショーされている。

5

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』監督インタビュー

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

🐲 得点王 : 1回 1987-88• 1996年、イギリスのフィナンシャル・タイムズ紙の記者ジミー・バーンズによってマラドーナの評伝が出版されたが 、薬物使用問題やの権力構造について踏み込んだ追及をしているため、アルゼンチン国内では出版を快く思われなかった。

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』オフィシャルサイト

映画 マラドーナ 映画 マラドーナ

👍 システムのためにプレーしなければ生き残れない時代に突入していた。 つまり、アルゼンチン代表でのマラドーナ。 シンプルな指示は、めんどうなことは自分が一手に引き受けてやるという意思表示である。