「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

👈 消し壷 もえているたきぎや炭の火を消すためのつぼです。 受話機 昔の電話です。 にないおけ ふご 「ふご」は、いなわらで作 (つく)った入 (い)れ物 (もの)で、これもおもにてんびんぼうをつかってはこぶ道具 (どうぐ)でした。

8

時代とともに変化した「脱穀(だっこく)」するための道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

👉 草をとるだけでなく、土をかきまわす作業もしてくれるので、手作業の時代よりだいぶ楽になりました。 1斗ます この1斗ますは、昔の1升ますの、10倍で18リットル入ります。

昔の生活道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

⚠ じきろう おかしの入れ物に使われるふたのある器 こんな物に入れていたとはおどろきました。

13

Web版 「むかしの道具」展

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

💋 また両替商の看板も分銅を意匠とした物で銀行の地図記号として今日に伝えられています。 ローラーで洗濯物をしぼりました。

13

冬に使う道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

🤚 千歯扱きは元禄年間に発明された画期的な農具です。 消し炭 まきや炭の火を消し壷にいれて途中で消して作ったやわらかい炭です。 鉄の歯の隙間に稲の穂先を入れて、引き抜くと籾だけが落ちます。

時代とともに変化した「脱穀(だっこく)」するための道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

♨ たくさん苗を入れた2つの籠を天秤棒にぶらさげて運びました。

14

お米を作る道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

👉 今ととてもにていました。 昔のけい察官は、すごいのを持っていてかっこいいなーと思いました。 高価なために、共同購入することが多かったようです。

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

👀 鉱石ラジオ 今のラジオは、とても小さくて持ち運びができるようになりました。 昔のコタツは、木枠の上に布団をかけるだけで、テーブル板はありませんでした。 ふご もっこ 「もっこ」は、ふじというしょくぶつのつるや針金 (はりがね)などでつくられた入 (い)れ物 (もの)で、これもやはりてんびんぼうの両 (りょう)はしにつって、はこぶ道具 (どうぐ)でした。

18