ジョルジュ・スーラ―の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』解説~「すべてがあまりにも美しい」

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

🖕 予想は当たってましたか? ご覧になったWikipediaのページの下の方にある 習作の一枚ですので、元のページをもう一度 ご覧ください、大きな画像で見れますので 納得しますよ。

12

ジョルジュ・スーラ―の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』解説~「すべてがあまりにも美しい」

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

🤗 光と陰の部分が点描で階調豊かに見事に描き分けられている 上図の拡大(クリックで詳細) でもこんな表現をアナログでやってしまうなんて……。 そこからさらに、色に対する想いやこだわりを究めていったのが、スーラやシニャックら点描の画家たちです。 絵の中央上部の日傘を差す女性の拡大部分(点描はかなり複雑に描かれている) 上図をさらに拡大したもの(点描の大きさ、形、方向、間隔など、さまざまな違いが見られる) 極めつけは光と陰の部分を区別する点描の見事さです。

2

また、ジョルジュ・スーラ作の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』について...

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

🖐 彼のやり方は現代美術の主役からは大きくかけ離れていたが、初期から非常に個人的な道を歩んでいた。

17

スーラ 「グランド・ジャット島の日曜日の午後」 恐怖による支配

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

⚓ 他の人と違っていることが重要ですね。 グランド・ジャット島の日曜日の午後 グランド・ジャット島の日曜日の午後 スーラ 上の画像をクリックすると拡大画像が表示されます グランド・ジャット島の日曜日の午後(1884-86年) ジョルジュ・スーラ【Georges Seurat】 1859-1891 油彩、205 x 305 cm 夏の昼下がり、セーヌ川のほとりで強い日差しを避けて木陰に集う人々、小さい汽船、セールボート・・・・・・ それら凡ては、点によって織りなされる風景です。 同年の「第52回輝く! 傘の骨がはっきり分かりますので答えは 「白い日傘」です。

11

点描法を使った新印象派ジョルジュ・スーラー「グランド・ジャット島の日曜日の午後のための習作」をご紹介!

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

🤩 すごい点。 スーラは、「グランド・ジャット島の日曜日の午後のための習作」を描くために、風景だけ、または、自分物だけ、あるいは両方に焦点を当てたりしながら、たくさんの習作を描きました。

スーラのグランド・ジャット島は全部点で、変な静けさのある絵

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

♥ 印象派の父であるマネが、色としての黒を発見し、印象派の画家たちが、キャンバスの上にありとあらゆる色を思いっきりちりばめた。 私だったら、途中であきらめてしまうと思うんです。

16

スーラのグランジャット島の日曜日の午後とは?どんな場所でテーマは?

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

👋 点描法とは、当時、最も進んでいた技法でした。

5

点描法を使った新印象派ジョルジュ・スーラー「グランド・ジャット島の日曜日の午後のための習作」をご紹介!

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

🐝 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を描いた、ジョルジュ・スーラは、点描法で作品を多く残しています。

17

グランド・ジャット島の日曜日の午後とは

の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島 の 午後 日曜日 の グランド ジャット 島

📞 この絵を見た時の印象をより鮮烈にするため、画面の四方に赤や青などで点描した紫色に近い色の枠を描き、さらに絵を木製の純白のに入れた。

7